A 始末をかく

 

欠損を引き起こす動作が欠くであり、同様に人体を掻き、水を掻く。

後に見るためにかくと、文字を書き、絵を描くことになる。

かくことは快楽をともない生死にいたる影響を持つ。

始末とは最初と最後、はじまりとおわりのことであり、うまれて死ぬことである。始末をつけるとは、型付き、掃除をし、構成を決め、決着をつけること。例えば作品は、作者が始末をつけたものである。

例えば連載中のマンガは、恐らく作者の中でも先がわからないと想像されながら読まれうるが、完結したマンガは始末がついている。だから、連載中は始末を欠いている。

始末が欠けているのは、何から欠けているのか。それは何かを書いたことにはならないのか。 

 

 

 

B かり

 

動物を狩り、植物を苅り、カリという語は、自然から借りるからきている。人生も仮住まいというように、生きているのは、何かから借りた、仮の姿であるので、拝借の借りという言葉が、一時的の仮に使われるようになった。

例えば、演技をするとき、私は私をかりている。では私に私をかしているのは誰か。

かく【戯曲】

上演歴

Jan 3-4, 2018

​@BUoY

「すべての表現は上演であり、上演とは複数人で繰り返すことのできる独立した何かを発見する公開制作である」

レプレゼンテーションされること

・遠藤麻衣による「くきはつこのおもいで」再演
・岸井大輔による「文(かきことば)」 パフォーマー :遠藤みなみ 遠藤麻衣 武久絵里 辻村優子 橋本匠
・橋本匠による「文(かきことば)」出演のプレゼンテーション
・松田るみによる「文(かきことば)」出演のプレゼンテーション
・武田力による「文(かきことば)」再演
・村田紗樹による「いきぬき」再演
・鈴木千尋による「大人のためのベットメリー」出演のプレゼンテーション
・田上碧による「正月」再演
 ほか

Oct 26-28, 2017

​@bear

「すべての表現は上演であり、上演とは複数人で繰り返すことのできる独立した何かを発見する公開制作である」

レプレゼンテーションされること
・橋本匠による「文(かきことば)(岸井大輔作)」映像化
・武久絵里による「かきこみをする」再演
・飯島剛哉による「平行日記(武久絵里作)」再演のコント
・渡並航による「芭蕉やさん」(「芭蕉を植えに行く・京都ver(岸井大輔作)」再演)
・村田紗樹による「大人のためのベッドメリーのテーマ(遠藤麻衣作曲)」再演

Aug 12-13, 2017

「すべての表現は上演であり、上演とは複数人で繰り返すことのできる独立した何かを発見する公開制作である」

レプレゼンテーションされること
・田上碧による「街を海に沈める 公開会議」(2017「正月」作・岸井の一部再演)
 初演参加者で会議出席者 山内健司 佐久間麻由
・岸井大輔による「ポストコンテンポラリーアートマニフェスト」(「生活はふるさとのように上演されている(2017)」の再戯曲化)
・武久絵里による「花の処理」(皆藤将による「ギャラリーに写真と花を展示する(2017)」への出演)

Jun 16−18, Jun 30−Jul 2, 2017

​@space dike

過去5年間の「始末をかく」の代表作の再演が、2017年の新作を生むまでを、連載漫画こそ日本のストーリーテリングの手法ととらえ行う「レプレゼンテーション」シリーズ

レプレゼントされること
・岸井大輔による「文(かきことば)」 
 出演 遠藤麻衣 カゲヤマ気象台 武久絵里 橋本匠
・小宮麻吏奈による「芭蕉をうえにいく」
 (オリジナル・岸井大輔2014)
・皆藤将による「ギャラリーに写真と花を展示する」(B to C「においをかぐ」村田紗樹 2015)」
 ほか

Dec, 2016- Aug, 2017

始末をかく5「まだ普請中だ」

​@都内各所

プロローグ「正月」 3 Jan, 2017 

1幕 「東京の条件・再演」 15-16 Dec, 2016, 15-16 Jan, 2017 

2幕「のろしをあげる」」 11,18 Feb, 2017

3幕「-2LDK(マイナス に エルディーケー)」 18-19, 24-26, Mar, 2017

4幕「鴎外の普請中」 27-28 Jun, 2017

5幕「最終幕」 28-30 Jul, 5-6 Aug, 2017

Feb4-Mar26, 2017

始末をかくエキシビション「生活はふるさとのように上演されている」

@生活工房ギャラリー

アーティストや俳優、パフォーマーといった多彩な顔ぶれが、「生活」という観点から51日間の展示/上演を試みる。

Oct3-4, Oct10-12, 2015

 

始末をかく4「茶屋建築に求めてゆかなければならぬ」

@馬車道 

Sep5, 2015

始末をかく4「茶屋建築にもとめてゆかなければならぬ プロローグ」

@葛飾区内各所 | 川の間〈コネクション〉参加

京成線の駅と駅の間は近いし、歩いてみると江戸と呼ばれる前からの関東の記憶と出会える。

Jul31, 2015

始末をかく1「こころをよむ」

@ARATANIURANO | パープルーム大学物語 参加

Jul2-5,

2015

始末をかく1「芭蕉を植える」、始末をかく2「こころをよむ」

@ARTZONE

Nov29- Dec1,

2014

始末をかく3「こころをよむ」

@Uplink Factory

Sep6- Oct12, 2014

「福島県土湯温泉に芭蕉(バナナ)を移植するプロジェクト」

@土湯温泉一帯 | アラフド アート アニュアル2014 参加

芭蕉の木を、福島県土湯温泉に植え替えるプロジェクトを行い、その体験からパフォーマンスを作る。

May 21, 24, 25. 2014 

「始末をかく」

@blanclass

Please reload

© 2017 by KISHII daisuke. all rights reserved.

  • Twitterでベーシックブラック
  • Facebook ベーシック ブラック
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now