【戯曲】

 

 

1 あるテキストにおいて、その文字の配列など、意味よりもそこにある物質に注目し、どうなっているかを分析する。

   たとえば、ある漢字は何回でてきて、それがどのような場面で使われているかなど。

 

 

2 文字を身体化する。前後との連関は、ただ文字においてだけ考える。

 

 

3 身体化したものを繋げる。一文字一文字に対応していることは明示されないようにする。

日本語は漢字カナ混じり文であるなど、書き方においてまずその特徴を考えることができる。ならば、現代日本語演劇を作るにあたり、口語より文章語を劇とする方法を考えることが必要ではないか。

そこでまず、現代文語を作った漱石のテキストを用いその上演を試みた。

 

現在は、漱石とは別の、有り得たかもしれない現代日本文章語の可能性を考え、鴎外のテキストを扱っている。

文(かきことば)

Mar. 2010 - Apr. 2010

@UPLINK FACTORY

Feb. 2009

@百件のミセ参加

Jul. 2007- Jun. 2009

(毎月)

@アトリエ公演

Please reload

上演歴

© 2017 by KISHII daisuke. all rights reserved.

  • Twitterでベーシックブラック
  • Facebook ベーシック ブラック
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now